Blender

【Blender】MMDファイルをBlenderにImportするアドオン

BlenderでMMDファイルをインポートするためのアドオン、mmd_toolsの紹介です。

MMDファイルは、みなさんご存知「MikuMikuDance」で扱われるモデルファイルのことですが
ファイル拡張子は「.pmx」や「.pmd」です。
MikuMikuDanceに関わる拡張子一覧

pmxは何かというと、実は3Dモデルを扱う一般的な拡張子だったりするので
仕事で3Dモデルを扱ったり、配布されている3Dモデルをダウンロードした時などに、よく見ますね。

今回は、この「pmx」形式のファイルをBlenderで開くためのアドオンの紹介です。

結論

アドオンは以下のリンクからダウンロードできます。

アドオンのリポジトリ
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools

最新のリリースブランチ(2021/08/27 時点)
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools/tree/v0.7.1

最新ブランチ
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools/tree/dev_test

目次

  1. 結論
  2. 環境
  3. アドオンをダウンロード
    1. Githubからアドオンをダウンロード
    2. ダウンロードしたzipをディレクトリに入れる
  4. アドオンを使ってみる
    1. アドオンを有効化
    2. pmxファイルをimportしてみる
  5. 注意点
  6. まとめ

環境

OS: Windows10
メモリ: 32GB

Dependents
Blender: v2.92.0

アドオンをダウンロード

mmd_toolsは、Githubからダウンロードするタイプです。
こちらのリンクから、zipでダウンロードしてきましょう。

アドオンのリポジトリ
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools

最新のリリースブランチ(2021/08/27 時点)
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools/tree/v0.7.1

最新ブランチ
https://github.com/powroupi/blender_mmd_tools/tree/dev_test

Githubからアドオンをダウンロード

Githubからアドオンをインストールする場合の説明や、Githubページの見方については以前にご紹介しているのでこちらを参考にどうぞ。

ダウンロードしたアドオンをフォルダに入れる

上で紹介した関連記事では、zipファイルをプリファレンスからインストールして有効化していますが
mmd_toolsは、フォルダ構成が少し違うので注意してください。

これを踏まえて、次の3つをやっていきます。

  1. ダウンロードしたzipを解凍する
  2. mmd_toolsというフォルダを探す
  3. Cドライブのアドオン用のフォルダに、mmd_toolsを放りこむ

まずはzipを解凍します。
解凍したら、「mmd_tools」という名前のフォルダを探します。

このmmd_toolsというフォルダの中に、「__init__.py」があるからですね。
Blenderでアドオンを認識してもらうために、このinitファイルがあるフォルダを、addonsフォルダに入れる必要があります。

mmd_toolsは、AppDataの方のBlenderフォルダに入れると、認識されました。
これは環境依存で変わったりするらしいので、Blender本体の方のaddonsディレクトリに入れて認識される場合もあるようです。

C:\Users\$user_name\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\$version\scripts\addons
versionはお使いのBlenderのバージョンに合わせてください。

アドオンを使ってみる

それでは、実際にmmd_toolsを有効化して使ってみたいと思います。

アドオンを有効化

プリファレンスから、mmd_toolsを有効化します。
有効化の方法についても、関連記事の方で紹介していますので、ここでは割愛します。

アドオンを有効化すると、ImportのメニューにMMD形式が表示され、Importできるようになります。

pmxファイルをimportしてみる

オンラインゲームの原神で公開されているpmxファイルをImportしてみたいと思います。
原神の3Dモデルダウンロードページ

File -> Import -> MikuMikuDance Model(.pmd, .pmx)をクリックして
ファイル選択のウィンドウが開くので、ダウンロードしたpmxファイルを選択します。

今回はアンバーをダウンロードしてみました。
Importするファイルは、こちらの.pmxファイルです。

Import Model Fileのボタンをクリックします。

Importできましたね!

これで、pmxで公開されているモデルファイルを、Blender上でImportして
参考資料として使用したり、メッシュ構造を確認することができるようになります。

注意点

mmd_toolsをimportしたけどエラーになる、という報告をいくつか見ました。
原因として、バージョンの問題だったり、アドオンを配置するディレクトリが違ったり様々ですが
そもそもダウンロードしてくるリポジトリが違う、というパターンがありましたので追記します。

どうやら本家のリポジトリからfork(派生)したリポジトリの方で、
最新版のBlenderへのバージョンアップ対応がされているようです。
(上で紹介しているリンクは、フォークしたリポジトリの方なので大丈夫だと思います)

本家の、古いバージョンのアドオンを追加すると
Upgrade to 2.8x required というエラーメッセージが表示されます。

Githubからダウンロードするタイプのアドオンは、Blenderバージョンとの互換性を注意して見るようにしましょう。

まとめ

今回は、mmdファイルをBlenderで開くためのアドオン、mmd_toolsを紹介しました。

アドオンは、pythonで作られていることもあり、ソースコードがGithubで扱われています。
普段からGithubを使い慣れている人であれば、迷うこともありませんが
ダウンロードしたバージョンが違ったり、何年もアップデートされていなかったり、というのは良くあります。

記事の内容だけでなく、自分で情報の取捨選択をして最適な方法を探していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【Blender】起動時に強制終了してしまう問題
  2. 【Rails】railsでIndex name ‘xxx’…
  3. 【Rails】findメソッドで連想配列から指定した値を検索する
  4. 【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入
  5. 【UE4】用語備忘録メモ

関連記事

 
  1. Blender

    【Blender】zip版のBlenderをBlender Launcherに移行する

    Blenderのバージョン管理ができるツール、Blender Laun…

  2. Blender

    【Blender】起動時に強制終了してしまう問題

    Blenderを起動すると、コンソールが立ち上がった後にBlender…

  3. Blender

    【Blender】レンダリング結果を新規ウィンドウで開かないようにする

    カメラの微調整とか、FreeStyleで線画抽出作業をしている時に頻繁…

  4. Blender

    【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方

    Blednerにはアドオン(拡張機能)と呼ばれる、制作を効率化してくれ…

  5. Blender

    【Blender】SaplingTreeGenで木を生やしてみた

    Blenderのアドオン、SaplingTreeGenを使用して、木を…

  6. Blender

    【Blender】Eeveeでガラスのマテリアル表現

    Blenderのeeveeを使ってガラスのマテリアルを作っていくシリー…

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. Blender

    【Blender】アニメーションでポーズを左右反転してコピペしたい時
  2. Blender

    【UE4】用語備忘録メモ
  3. Blender

    【Blender】起動時に強制終了してしまう問題
  4. Ruby on Rails

    【Rails】selectメソッドで特定の条件を満たす要素を取得する
  5. 慣れれば3分!Bumpノードを使用した質感表現の方法

    Blender

    【Blender】Bumpを使用した質感表現の方法
PAGE TOP