CharattDB

【CharattDB】勉強がてらアプリを作ってみる

まえがき

ふと思い立ったので、自分でアプリを作ってみることにしました!
目的はあくまでプログラミングの勉強ですが、せっかく作るので実生活でも役立つアプリを作りたいと、思ってしまったわけですね。

私は趣味でイラスト書いたり、お話作ったりしていますので、
コンセプトを考えたりキャラクターの設定を考えたりと、何かとアウトプットを保管する必要がありまして。。
そういったネタをメモする時は、開発用に使用しているMacBookにマークダウンのテキストエディタを突っ込んで、そこにネタを貯めています。

マークダウンとっても便利で見やすいんですが、いざ創作活動するかという時、
設定画を描いたりするので、使うマシンはメイン機であるWindowsなんですね。
また、外出先でネタをメモしたい時なんかは、スマホのメモアプリを使ったりしています。

MacとWindowsとスマホを行ったり来たりして、取りこぼしがあるメモがある場合には同期して、、、そんなことを続けています。
これは正直面倒くさいなと思っていたので、じゃあせっかくだし、
クロスプラットフォームで使えるネタ帳アプリでも作ってみようかと思いました!
ざっくりとこんな経緯です笑

どんなアプリにしようかな

さてどうしましょうか!ワクワクします。
企画の段階ってどんなプロジェクトでもワクワクするもんで、実際には開発が中盤くらいになると泥沼に片足を突っ込みはじめてます笑

無駄話が多くなりそうなので、簡潔に。
「GUIのデータベースアプリ」というものを作ってみたいと思います!
実際には、創作活動で必要になるあらゆるデータ(キャラクターとか、世界観とか、コンセプトとか)をDBに保存・管理するといった内容です。

CharattDB

せっかくなので、アプリに名前もつけたいと思いまして。
アプリ作ってみようって最初にぼんやり考えていた時は、キャラクター設定を管理するアプリを作ろうと思っていましたので、
「キャラクター管理データベース」 -> 「CharattDB」 という名前にしました!
読み方は、Charatt(キャラット)です。

開発環境とか

アプリの概要は決まったので、次は開発環境を考えます。
今回は、ReactNativeを使ってみることにしました。
採用理由は、
・ベースの言語がJsであること(正確にはReactですが)
・クロスプラットフォームで開発が可能であること
・新しい波に乗りたい感
正直、クロスプラットフォームで開発するなら、Xamarinでもよかったのですが、
あんまり流行りものに手を出したくなかったのと、語感がかっこよかっtのでReactNativeにしました!!

今後の方針!

作るもの、作り方、内容もだいたい考えたので、今後の方針を決めます!

その時やった事とかをこのブログに記録していくようにして、備忘録としてまとめたいと思います。
レポート、みたいな感じでやったことをまとめますが、環境構築とかTIPS系の内容はまた個別で記事にして、蓄積されるようにしたいですね。
そっちの方があとで見やすいと思うし。。。

という感じで、ゆるーくではありますが、これから勉強がてらのアプリ開発日記をスタートします!
不定期更新ですが、生ぬるく応援してもらえると嬉しいです!!w

初回は環境構築とか、ReactNativeの導入の方法なんかをレポートにまとめたいと思います。。。

ピックアップ記事

  1. 【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方
  2. 【Blender】起動時に強制終了してしまう問題
  3. 【Blender】レンダリング結果を新規ウィンドウで開かないようにする
  4. 【Blender】アニメーションでポーズを左右反転してコピペしたい時
  5. 【CSS】おしゃれなラジオボタンを作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. gitでファイル変更の一部をコミットする
  1. Blender

    【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方
  2. Ruby on Rails

    【Rails】findメソッドで連想配列から指定した値を検索する
  3. Blender

    【Blender】zip版のBlenderをBlender Launcherに移…
  4. Ruby on Rails

    【Rails】modelを作成する
  5. 慣れれば3分!Bumpノードを使用した質感表現の方法

    Blender

    【Blender】Bumpを使用した質感表現の方法
PAGE TOP