git

【git】git checkoutする時に、ベースブランチを指定する

ワークフローにもよると思うんですが、多人数で開発していてgitを使用する場合、開発用のベースブランチを作成して、そこから各担当がブランチを切っていくことがあるかと思います。

git checkout -bすると、今いるブランチをベースにして新しいブランチを作成する、というイメージが根付いてしまっていて、

今まで、作業が終わったらプッシュして、ベースブランチにチェックアウトして、そこから新規ブランチを切っていたんですが、

git checkout -b [新しいブランチ名] [ベースブランチ名]

こうする事で、ベースブランチから新しいブランチが作られます。

なんら珍しいことではないんですが、常にチェックアウトする時にこのコマンドでやっておくと、どのブランチから新しいブランチを切ったのか、認識しやすくなって、単純ミスが減りました笑
初歩的な事ですが、結構大事な気がしたのでメモとして残しておきます。

まあ結局、developブランチに更新がある場合は、fetchしないといけないので
そういう場合はdevelopにcheckoutはしますが。。。
gitは使いながらも、便利なコマンドを時々発掘しては1人でおおぉ〜!ってなっているので、せっかくですから時々メモにも残して行きたい。

ピックアップ記事

  1. 【git】git checkoutする時に、ベースブランチを指定する
  2. 【C97】冬コミ受かってました
  3. 【C98】夏コミ申し込みました。
  4. 【CharattDB】勉強がてらアプリを作ってみる
  5. 【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する

関連記事

  1. git logで変更したファイル名を確認したい
  2. git

    【git】remote のURLを後から設定/変更する

    git cloneしてきた後とか、git remote addで自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 同人イベント

    【C98】夏コミ申し込みました。
  2. その他

    開発系の記事をまとめたブログ
  3. 同人イベント

    【C97】冬コミ受かってました
  4. App

    【ツール開発】ポケモンの種族値と実数値を調べるツール – 1
  5. 【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する

    Ruby on Rails

    【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する
PAGE TOP