railsをproductionモードで実行する

Ruby on Rails

【Rails】railsをproductionモードで実行する

結論

--environmentオプションを使用します。

$ rails server --environment production

こんな時に使う

Railsアプリを作成して、よしサーバーにデプロイしようという時
デプロイ前に、ローカル環境のproductionモードで
動作確認したい時があります。

そんな時は、--environmentオプションを使用します。

$ rails server --environment production

実行してみます。

$ rails server --environment production

=> Booting Puma
=> Rails 5.2.4.2 application starting in production
=> Run `rails server -h` for more startup options
[28766] Puma starting in cluster mode...
[28766] * Version 3.12.4 (ruby 2.5.1-p57), codename: Llamas in Pajamas
[28766] * Min threads: 5, max threads: 5
[28766] * Environment: production
[28766] * Process workers: 2
[28766] * Preloading application
[28766] * Listening on tcp://0.0.0.0:3000
[28766] Use Ctrl-C to stop
[28766] - Worker 0 (pid: 28780) booted, phase: 0
[28766] - Worker 1 (pid: 28781) booted, phase: 0

こんな感じで、productionモードで起動ができます!
この状態でデプロイ前の動作確認などをします。

省略できる

また、このオプションは省略することもできます。
こんな感じ

$ rails s -e production

普段使う時はこっちの方が短くていいですね。

ピックアップ記事

  1. 【C97】冬コミ申し込みました!
  2. 【C98】夏コミ申し込みました。
  3. 【CharattDB】勉強がてらアプリを作ってみる
  4. 【git】git checkoutする時に、ベースブランチを指定する
  5. 【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する

関連記事

  1. Ruby on Rails

    【Rails】modelを作成する

    結論rails generateコマンドを使いましょ…

  2. Ruby on Rails

    [Rails]findメソッドで連想配列から指定した値を検索する

    目次findメソッドとは基本的な使い方selectとの違い連…

  3. 【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する

    Ruby on Rails

    【Rails】オブジェクトの中身をログに出力する

    オブジェクトの中身をデバッグしたりする時に便利出力結果をみやすい形に…

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. railsをproductionモードで実行する
  2. 【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入
  1. 【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入

    WordPress

    【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入
  2. 【WPテーマ自作】UnderScoresの導入

    WordPress

    【WPテーマ自作】UnderScoresの導入
  3. その他

    開発系の記事をまとめたブログ
  4. CharattDB

    【CharattDB】勉強がてらアプリを作ってみる
  5. イラスト

    夏コミC94お疲れさまでした。
PAGE TOP