Javascript

Object.assignではなく、スプレッド構文を使う【JS】

Object.assignでパラメータの複製とか追加を実装していたのですが、
スプレッド構文を使えばもっと短くかけるよね、というTipsです。

スプレッド構文自体の使い方はこんな感じです。

# 配列もしくはオブジェクト
const Hoge = [ 'foo', 'bar' ]

# 別のリストの中で、配列を展開する
[...Hoge, 'hoge']
=> (3) ['foo', 'bar', 'hoge']

結論

今までObject.assignを使用していましたが、スプレッド構文を使う事でこんな風に書けます。

# オブジェクトがあって、プロパティを追加したい時
let params = { foo: 1, bar: 2 }

# 今まではこう書いていた
Object.assign(params, { hoge: 3 })

# スプレッド構文でこのように書ける
{ ...params, hoge: 3 }
=> {foo: 1, bar: 2, hoge: 3}

環境

OS: MacOS
メモリ: 32GB

Dependents
Rails6
Ruby 2.6
CentOS7 on Vagrant
Mysql 5.7

まとめ

今までObject.assignを使っていましたが、スプレッド構文の方がスマートに書けますし、慣れてくると読解もしやすいです。
ただ、スプレッド構文はshallow copyなので、ネストしているオブジェクトを扱う場合には注意が必要です。

ピックアップ記事

  1. 【Rails】selectメソッドで特定の条件を満たす要素を取得する
  2. 【Rails】findメソッドで連想配列から指定した値を検索する
  3. 【UE4】用語備忘録メモ
  4. 【Blender】Bumpを使用した質感表現の方法
  5. 【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. gitでファイル変更の一部をコミットする
  1. WordPress

    【WPテーマ自作】UnderScoresの導入
  2. Blender

    【Blender】アニメーションでポーズを左右反転してコピペしたい時
  3. Blender

    【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方
  4. Blender

    【UE4】用語備忘録メモ
  5. Blender

    【Blender】レンダリング結果を新規ウィンドウで開かないようにする
PAGE TOP