git

【git】remote のURLを後から設定/変更する

git cloneしてきた後とか、git remote addで自分のリポジトリの設定をした後
remoteリポジトリのURLをちょっと変えたいなって時のコマンド。

git remote set-url origin {new_url}

実際に使う時はこんな感じ

git remote set-url origin git@github.com:you_rname/repository_name.git

git hubから別のバージョン管理ツール(gitlabとか)に移行した時とか
個人リポジトリにPushして使いたい時など
origin の向き先を変えたいなって場合に便利

originの部分はリモートリポジトリのエイリアスなので
app-streamとか、開発ルールに合わせて色々変える。

ピックアップ記事

  1. 【Rails】selectメソッドで特定の条件を満たす要素を取得する
  2. 【WPテーマ自作】UnderScoresの導入
  3. 【Blender】複数バージョンを簡単に管理できる、BlenderLaunche…
  4. 【Blender】起動時に強制終了してしまう問題
  5. 起動時の設定をカスタムする【Blender】

関連記事

 
  1. git

    git addしたファイルの変更を確認したい【Git】

    git addでStaginにあげたファイルの変更内容を、後から確認し…

  2. git

    【git】git checkoutする時に、ベースブランチを指定する

    ワークフローにもよると思うんですが、多人数で開発していてgitを使用す…

  3. git logで変更したファイル名を確認したい
  4. gitでファイル変更の一部をコミットする

    git

    git add -p でファイルの一部をコミットする【Git】

    ファイル変更の一部をcommitしたい時のコマンドです。git add…

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. gitでファイル変更の一部をコミットする
  1. Ruby on Rails

    【Rails】findメソッドで連想配列から指定した値を検索する
  2. Blenderの複数バージョンを簡単に管理できるBlenderLauncherの使い方

    Blender

    【Blender】複数バージョンを簡単に管理できる、BlenderLaunche…
  3. Blender

    【Blender】zip版のBlenderをBlender Launcherに移…
  4. WordPress

    【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入
  5. Blender

    【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方
PAGE TOP