1. Blender

    【Blender】SaplingTreeGenで木を生やしてみた

    Blenderのアドオン、SaplingTreeGenを使用して、木を作る事ができるので、作り方の例とアドオンの使用方法を紹介します。SaplingTreeGenを有効化すると、Curveの項目から木のメッシュを追加することができ、オプションで木の形状や枝の太さ、長さなど細かいカスタマイズをすることができます。…

  2. Ruby on Rails

    【Rails】文字列からHTMLタグを取り除く方法

    Railsで、HTMLタグを取り除いて文字列を出力したい時があります。そのような場合は、strip_tagsというメソッドを使用しましょう。htmlタグが含まれ…

  3. Blender

    【Blender】拡張機能(アドオン)の基本的な使い方

    Blednerにはアドオン(拡張機能)と呼ばれる、制作を効率化してくれるツールがあります。メッシュ変形を手助けしてくれるもの、複雑なメッシュを自動で生成してくれ…

  4. Ruby on Rails

    【Rails】レコードが保存済みか確認するpresisted?メソッド

    レコードが保存されているかどうかでUIの表示を切り替えたり、保存されている場合だけ処理を行いたい場合があります。そんな時は、persisted?を使用すると便利…

  5. Blender

    【Blender】Eeveeでガラスのマテリアル表現 Part2

    Eeveeでガラスのマテリアル表現、第2回です!前回までの記事ではグラスのメッシュを作り、ガラスのマテリアルを設定して透けているグラスを表現することが…

  6. Blender

    【Blender】Eeveeでガラスのマテリアル表現

    Blenderのeeveeを使ってガラスのマテリアルを作っていくシリーズです。今回は、ワイングラスのメッシュと、プリンシプルBSDFを使ってグラスの作り方を参考…

  7. Blender

    【Blender】レンダリング結果を新規ウィンドウで開かないようにする

    カメラの微調整とか、FreeStyleで線画抽出作業をしている時に頻繁にレンダリング結果を確認したいケースがありました。F12でレンダリングできますが、初期設定…

  8. Ruby on Rails

    【Rails】selectメソッドで特定の条件を満たす要素を取得する

    selectは、配列に対してブロック内の条件を評価し、真になって要素を配列として返すRubyのメソッドです。似たようなメソッドに、findがあります。この記事で…

  9. 複数に分けたテクスチャを1枚に統合する方法

    Blender

    【Blender】複数に分けたテクスチャを1枚に統合(ベイク)する方法

    VRChat用のアバターを用意するに当たって、テクスチャをベイクする必要があったので、その方法をまとめてみました。モデルのマテリアルごとに、それぞれテクスチャ画…

  10. 慣れれば3分!Bumpノードを使用した質感表現の方法

    Blender

    【Blender】Bumpを使用した質感表現の方法

    マテリアルを設定したけど、リアルな見た目にならない。そんなお悩みの方へ、簡単に凹凸感を表現できるBumpノードの基本的な使い方を紹介します。Bumpノードを使っ…

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

Twitter

  1. 慣れれば3分!Bumpノードを使用した質感表現の方法

    Blender

    【Blender】Bumpを使用した質感表現の方法
  2. Ruby on Rails

    【Rails】development? production? 開発環境ごとに処…
  3. Blender

    【UE4】用語備忘録メモ
  4. Blenderの複数バージョンを簡単に管理できるBlenderLauncherの使い方

    Blender

    【Blender】複数バージョンを簡単に管理できる、BlenderLaunche…
  5. WordPress

    【WPテーマ自作】ローカル環境でWP開発ができる「Local」の導入
PAGE TOP